ブライダルヘアメイクは容姿も良い方が有利?

カラーリング

ブライダルヘアメイクは容姿も良い方が有利?

美容室のメニューで「カラー」とか「カラーリング」と書かれていたら、それはアルカリ性カラーだと思えばいいでしょう。髪の中のメラニン色素を分解して、そこに新しい色素を入れる方法です。色の持ちはよいのですが、だんだんと新しく入れた色素が抜けていくと明るい色合いになるのが特徴ですね。また傷んだ髪にカラーを入れると、髪のコーティングをしているキューティクルがはがれてしまうので、色が抜けていくのが早い、と言います。本来髪の毛は弱酸性なので、このアルカリ性カラーをする時には、その後のケアがとても大切になります。ケアをおろそかにしているのに何度もカラーリングを重ねると、髪への負担はますます増大します。また一度染めてしまったら、元に戻すには黒染めをするか、伸びてくるのを待つしかありません。よくあるのは、後頭部だけが元と色に戻ってしまうので、その度カラーを入れなくてはいけない、という循環になってしまい、ダメージがいっそうひどくなる、というケースです。アルカリ性カラーとダメージはセットの様なもので、そのためきちんとトリートメント方法についても教えてくれたり、実際にトリートメント技術ももっている表参道 美容室でカラーリングするようにしたいものです。